定年女子の人生後半戦は楽しい

女子の定年後は思ってたより忙しい

母親の遠距離介護をする友だち

f:id:mekajiki_life:20240518083430j:image

友だちが、毎週新幹線でお母さんの遠距離介護に通っています。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園パートやリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

ひさびさに、元の会社の同期入社の女友だちとお茶しました。

彼女は91才のお母さんの遠距離介護をしています。

横浜から名古屋の実家まで、新幹線で毎週通っています。

週に4日名古屋で3日横浜、片道3時間、毎週、4年間。

 

えらい。

 

お母さんはアルツハイマーで、ひとり暮らしが難しい。

ゴミ出しができない、火や水の始末ができない、ときどきトイレも失敗。

実家近くに住む妹さんと交替で、必ずどちらかが付き添う体制。

ヘルパーも、デイサービスも、ショートステイも使っている。

でも、最近妹さんが疲れてきて、体調不良でうつ症状が出ている。

お父さんが残したお金を使っているが、交通費が年間100万かかる。

ケアマネから「いつまでこの綱渡りの介護を続けるのか?」と言われている。

 

客観的に見たら、お父さんが残したお金があるうちに、お母さんに良さげな施設に入ってもらうべしです。

でも、彼女の中では、自分が頑張ればお母さんは住み慣れた自宅ですごせるのに、という思いが強いのでしょう。

他人がとやかく言うことではありません。

 

ただ、わたしにはできんな、と思います。

 

母親への思いと父親への思いは違っているせいかもしれません。

母には、ボケようが寝たきりになろうが長生きしてほしい、と思っていました。

正直なところ、父親へはそこまでの思いがない。

盆栽の水やり中にぱったり倒れて逝ってくれ、くらいに思っています。

 

それ以上に、自分を犠牲にして、誰かのために尽くすことに喜びを感じられない。

あくまで自分の人生が最優先です。

 

ごめんやで、お父さん、娘はこういうタイプです。

 

 

夜中にネットで買い物はしない

f:id:mekajiki_life:20240516202349j:image

 

夜中にネットで買い物しないと決めているのに、つい麦わら帽子を買ってしまいました。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園やリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

夜中にネットで買い物はしないようにしています。

眠れない→寝床の中でスマホを見てしまう→ショッピングサイトに流れ着く→深夜ハイともいえる状態で、すてき!安い!いま買っとかないと!とか思って、ポチッ。

 

ところが、届いた商品は、そんなに必要なものでもなかったり、想像していたより品質が良くなかったり。

たいてい後悔します。

 

だから、夜中にネットで買い物はしない。

と、決めているのに、つい夜中にポチッとしてしまいました。

 

f:id:mekajiki_life:20240516202400j:image

石田製帽の麦わら帽子です。

好きな雑貨屋さんの店主がかぶっておられる姿がかっこよくて、惚れこんでしまいました。

もともと帽子好きなのですが、ものぐさなので、おしゃれのためだけの帽子は買ってもなかなかかぶらない。

麦わら帽子なら、夏の日除けに出番が多いはず。

 

いろいろ理屈をつけてますが、完全な衝動買いです。

禁断の夜中の買い物です。

 

f:id:mekajiki_life:20240516202414j:image

 

お値段、1万4300円もする(笑)

後悔するか、満足するかは、この夏何回かぶってお出かけするかにかかっています。

ラカン女子、背筋を伸ばして、さっそうと帽子をかぶり、かっこいいオバサンを目指します。

 

 

父92才、ますます自己中な老人になる

f:id:mekajiki_life:20240514085601j:image

 

92才になったひとり暮らしの父、ますます自己中な老人になってます。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園やリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

遠距離実家でひとり暮らしの父、誕生日を迎えて、92才になりました。

あそこが痛いここが痛いと言い続けてますが、盆栽の水やりは欠かさない程度には元気です。

 

ひとりでかかりつけの総合病院に行き、待合室で気分が悪くなったそうです。

心臓がバクバクして、あぶら汗が出る。

受け付けのひとに「水を一杯」と頼んだら、「規則で水道の水は出せません。ペットボトルの水をご自分で買ってください」と言われた、らしい。

その上、やっと会えた主治医に窮状を訴えたら、「顔色も良いし、体温も平常だからだいじょうぶ」と取り合ってもらえなかった、らしい。

(あくまで本人の言い分です)

 

すでに怒りのスイッチが入っていた父は、怒沸点。

主治医に「患者のことをどう思っている!と、しっかり説教したった」そうです。

 

あ、ああ、そう、、、

 

それだけの話しを電話でするのに、1時間くらいしゃべっています。

じゅうぶん元気やん。

話しがくそ長いし、ずっと自分の話ししかしない。

いっとき調子悪かったのも事実と思うけど、自己中がますますひどくなってる。

 

すみません、主治医の先生(その総合病院の副院長)。

お忙しいやろに、こんな年寄りの長話しにつきあわされて。

 

父、昭和の長男気質というか「俺は大事にされてあたりまえ」というタイプです。

母が人の世話するのが大好きなタイプでしたから、母が元気なうちはバランスが取れていました。

母亡き後、娘も息子も遠くにいてかまってくれない。

誰も俺の話しを聞かない、大事にされない。

立派な怒れる老人になってます。

 

お父さん、ひとり暮らしも潮時か?

楽しみの盆栽を続けるためにも、周囲への感謝と気配りを頼みますよ。

 

 

朝ドラテーマは「女をなめるな」

f:id:mekajiki_life:20240502050532j:image

 

NHKの朝ドラ「虎と翼」を見ています。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園やリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

定年してから、朝ごはんを食べながら、NHKの朝ドラをよく見ています。

今期は「虎と翼」。

日本初の女性弁護士になった三淵嘉子さんがモデルです。

 

戦前の男社会で、女性は結婚して夫の管理下に入るのが当たり前で、法律上は無能力者となります。

そりゃおかしいだろう、と主人公ががんばるはなしです。

今でいうジェンダー問題を正面から扱って理屈っぽいところもありますが、主人公役の伊藤沙莉ちゃんが普通の女子を普通に演じていて、共感できます。

 

テーマはすばり「女をなめるな」。

 

戦前、女性には参政権がなく、裁判官や官僚になることもできません。

離婚すれば子どもの親権も持てません。

主人公はようやく弁護士になり、これから世の中はどう変わっていくのか?

 

時が流れて現代は権利の上では男女平等になり、良い世の中です。

でも、外では男を立てて、出しゃばらずに「わきまえる」べし、という無言の圧力は残っています。

家事育児は女の仕事で、給料は男より低いのが当然という意識も残っています。

 

女をなめるな。

主人公にならって、言いたいこと、言うべきことを言わないと、ね。

そう思いながら、テレビを見ています。

 

 

リフォームと断捨離セカンドステージ

f:id:mekajiki_life:20240507053834j:image

 

自宅のリフォームと並行して「断捨離セカンドステージ」をやります。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園やリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

義母が亡くなった9年前に、ものすごい断捨離をしました。

 

それでも、いつか使うかもと塩漬けにしていた大物がけっこう残っています。

トーチャンも今年で70才、大きな重いものを捨てるならトーチャンが元気な今のうちです。

今年はリフォームと並行して「断捨離セカンドステージ」をやります。

 

f:id:mekajiki_life:20240507053834j:image

まずは、マッサージチェア

20年以上前に義妹が義母のために買ってくれた高価なものですが、義母も最初ちょっと使っただけ。

義母亡き後はトーチャンが使うと言うので取ってありましたが、いっぺんも使っていない。

すごく重いので、今のうちに断捨離。

 

f:id:mekajiki_life:20240507053839j:image

次は、大きな飾りタンス。

納戸で物入れに使ってましたが、ガラスが何枚も入っていて地震で倒れると危ない。

これも大物なので、断捨離。

 

f:id:mekajiki_life:20240507054033j:image

それから、足つきキーボード。

小学生だったムスメがピアノを習いたいと言うので買いましたが、半年でやめてしまい、そのまま20年以上使っていない。

いつか自分が弾いてみようと思ってましたが、そんなことも起こりそうにないので断捨離します。

 

どれもけっこう高価なものだったので、もったいなくて残していました。

使わなければ、ほこりやカビの心配をしてメンテナンスに手がかかる。

元気なうちに捨てられるものは捨てて、さっぱりします。

 

 

リフォーム、まずはレンジとフードを新調

f:id:mekajiki_life:20240506052931j:image

家のリフォームの手始めに、レンジとレンジフードを新品に交換しました。

サラリーマンを定年後、幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、日々の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

築30年の我が家をリフォームするぞ、と意気込みました。

 


しかし、根がものぐさなので、停滞。

これではアカンと、まずはできるところからスタート。

キッチンの13年もののガスレンジと30年もののレンジフードを新品に交換しました。

 

ガスレンジのビフォー ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20240506062358j:image

 

アフター ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20240506061950j:image

壊れて開きっぱなしだった操作部が解消、汚れた五徳が黒くなって、新品良いわ。

 

レンジフードのビフォー ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20240506062408j:image

 

アフター ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20240506062055j:image

すっきり。

お客さんから丸見えだった油汚れが見えなくなって、それだけでランクアップした気分。

今どきのはガスレンジと連動して勝手にスイッチが入ります。

 

全体のビフォー → アフター。


f:id:mekajiki_life:20240506063336j:image

f:id:mekajiki_life:20240506063333j:image

 

うーん、、、おかしい。

全体見るとあんまり印象変わらず。

きれいになったというより、汚いのがなくなった、という感じ。

その上、機材が新しくなると、その周りのタイルの目地の汚れが目立ちます。

リフォームあるある。

 

でも、両面焼けなくなっていた両面グリルはしっかり両面焼けるようになったし、ガタガタ音のしていたフードも静かになったし、快調。

よし、としましょう。

 

美しい家へのリフォームの道のりは長い(笑)

 

 

幼稚園、雨でも外遊び

f:id:mekajiki_life:20240502050859j:image

勤め先の幼稚園では雨の中でもずっと外遊びです。

サラリーマンを定年後、幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、日々の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

ゴールデンウィーク中日は、朝から終日、雨マークです。

勤め先の幼稚園、よほど寒い時期を除いて、雨の中でも外遊びです。

 

シトシト小雨降る中、先生も子どもも裸足で園庭に出て、追いかけっこ。

中には裸足になりたがらない子もいますが、担任の先生から「全員裸足です」と指示が飛び、靴を脱がせます。

そうなるとパート先生のわたしも靴をはいてるわけにもいかず、裸足に(げっ)。

ヘドロのような泥水がたまったトンネルの中を走り抜けるとき、子どもは泥の中へ突っ込みます。

小さいときからインドア派のわたしは、こっそり泥をさけて足を運びつつ、泥んこ遊び楽しい、という顔をしておきます(笑)

 

どしゃ降りになってきて、さすがに声をかけて室内遊びに切り替え。

それでも、外遊びをしたい子はそのまま、雨の中を走り回っています。

水たまりにスライディングしたり、泥を自分の運動靴に詰めたりしています。

 

この年代の子どもは遊ぶことが重要、雨や泥や自然に触れて感性感覚を伸ばすべし、という教育方針です。

わかっていても自宅ではなかなかここまで遊ばせられないでしょう。

幼稚園で遊びたいだけ遊んでいって。

 

パート先生は、びしょ濡れの子どもの着替えに追われます。

泥だか服だかわからなくなっているシャツやパンツを何枚も水洗いして、持ち帰り用のビニール袋に。

洗濯しすぎて腰が痛い。

 

自分の子育て時代は、子どもを保育園にあずけて綱渡りで仕事をしていましたから、こんな余裕はなかったです。

子どもが風邪ひいて休むことになったらどうしてくれる、毎日こんなに洗濯もの持って帰ってこられたら心折れる、と思ったにちがいない。

幼稚園と保育園はちょっと違うな、と思いながら仕事しています。