定年女子の人生後半戦は楽しい

女子の定年後は思ってたより忙しい

本:本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜

 

f:id:mekajiki_life:20220527042145j:image

小説「本好きの下剋上」シリーズにドはまりして、社会生活に支障が出ています。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

香月美夜さんの小説「本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜」シリーズにドはまりしています。

ジャンルとしてはライトノベル、いわゆる異世界転生もの。

本好きの女子大生が中世ヨーロッパ風の世界に転生して、自力で本を作ろうとがんばる話しです。

小説投稿サイトに2013年から2017年にかけて投稿連載され、2015年からTOブックスから出版開始。

このライトノベルがすごい!」では、2018年版・2019年版で単行本・ノベルズ部門第1位、2020年版・2021年版で同第2位を獲っています。

シリーズ既刊が32巻(5部677話)、販売累計600万部以上だそうです。

 

f:id:mekajiki_life:20220527041900j:image

 

メカジキ自身も本好きで、ジャンルを問わず、小説から自然科学、社会科学、歴史、日本国憲法までなんでも読む活字中毒です。

ライトノベルもよく読むのですが、当たり外れが大きい。

このライトノベルがすごい!2021版」の受賞作の中からおもしろそうなシリーズを3つ選んで読み始め、ほかふたつは1~2巻でもういいかとなりましたが、この「本好きの下剋上」シリーズははまりました。

理由はふたつ。

貧乏な少女に転生した主人公が本を作るために製紙業・印刷業を起こすところから始めるのですが、そのために自分で資金を稼ぐところがリアルです。

メカジキがキャッチコピーをつけるなら「剣と魔法と原価計算」としたいくらい、大人が読んでも読みごたえがあります。

もうひとつは、主人公の性格が大好きなスカーレット・オハラタイプで、本づくりに猛進し周囲の人々を振りまわします。

主人公にキャッチコピーをつけるなら「中世本づくり版の『科捜研の女』榊マリコ」です。

 

f:id:mekajiki_life:20220527042954j:image

もうハマりにはまって、睡眠時間や家事を削って読み進めています。

1冊300ページ以上あるぶ厚い新書を広げて持ち続けて、右手が腱鞘炎ぎみ。

ようやくシリーズ32巻のうち17巻目まで来ましたが、このままではいかに時間がある定年女子といえども社会生活が送れなくなりそうです(笑)

 

 

ムスメの産後の手伝い、テレワーク編

 

f:id:mekajiki_life:20220518032231j:image

シタノムスメの産後の手伝い、母はテレワークでがんばります。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

シタノムスメ(次女)の産後の手伝いに行き、ゴールデンウィーク前にへとへとになって帰ってきました。

ムスメ、マタニティブルーが長引いて、「ひとりが不安」とすぐ泣きます。

 

しかたがないので、帰る前に「毎日、母が電話したる」と約束しました。

彼氏(新米パパ)は平日は残業があたりまえで、夕方からぐずる赤ん坊をひとりでみていると悲しくなるそうです。

それならと、午後6時半くらいにLINE通話することにします。

水曜は彼氏の会社の早帰りデーなので、月火木金の週4日、テレワークでムスメの産後のサポートです。

 

もともとシタノムスメは用事がないと連絡してこない、そっけないタイプ。

こちらも人間関係マメじゃないので、ムスメと長電話したことがありません。

それがムスメ、今はひと恋しいのか、なかなか電話を切りません。

1時間半以上もぐだぐだしゃべっています。


f:id:mekajiki_life:20220518032234j:image

途中「ちょっとドライヤかけてくる」と通話状態のまま数分いなくなることもあります。

昭和世代は「切らんのかい?」と思いますが、今どきのLINE通話、便利です。

Wi-Fiで何時間話しても通話料はかかりませんし、スマホのスピーカーホンで置いたまま通話できます。

 

ムスメは晩ごはんの支度をしながら、こちらはトーチャンと晩ごはんを食べたり後片付けをしながら、ぐだぐだと話しています。

話題は赤ん坊の様子や今日の晩ごはんの献立、帰ってこない彼氏への愚痴など。

日本の会社、子どもが1歳になるまでは男性社員は定時上がりにしてやってください。

自分自身、現役時代は朝6時に出て、帰って来るのが11時12時があたりまえだったのに、立場が変わるとそう思います(笑)

 

ムスメとこんなに話すのも小学生以来。

たぶんマタニティブルーから回復したら、ムスメはまたそっけなくなると思います。

そっけなくなってもいいから早く元気になってや、と田舎の母ちゃんはテレワークでサポートをがんばります。

 

 

実家の父、パーゴラからパビリオンへ

 

f:id:mekajiki_life:20220513055625j:image

父が自分で建てた家につけたパーゴラが、パビリオンに変身していました。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

遠く離れて、母とふたり暮らしの実家の父、いま90才。

いつ遠距離介護が必要になってもおかしくないと思ってはいます。

 

その父が、趣味の盆栽が高じて自分で小さい家(盆栽用の作業小屋)まで建ててしまったのが一昨年 ↓↓↓↓


去年は、その家にパーゴラ(植物を絡ませる日影棚)を新設していました ↓↓↓↓


こないだ実家をのぞくと、そのパーゴラがなくなり、白い半透明の屋根の建物が増築されていました ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20220514054515j:image

 

まだ建設途中ですが、中は盆栽用の広い作業場になるようです。

ホームセンターで材料を買ってきて、父がほぼひとりで建てたそうです。

すごいな、父、90才。

f:id:mekajiki_life:20220513055628j:image

f:id:mekajiki_life:20220513055622j:image

 

白い屋根の頂点部分はいまはとんがっていますが、もっとゆるやかな丸みを帯びた曲線に直す予定だ、と父が説明してくれます。

f:id:mekajiki_life:20220513055631j:image

 

「ほれ、あの、万博のパビリオンみたいにするんや。」

万博?パビリオン?

たぶん1回目の大阪万博(1970)のことでしょう。

お祭り広場か、アメリカ館かわかりませんが、未来的な曲線のついた大屋根をイメージして、この小屋を完成させるようです(笑)

 

なんにしても、父、元気そうでなによりです。

がんばりすぎてケガしないように、母に怒られないように気をつけながら、存分に好きなことをしてください。

 

 

ムスメの産後の手伝い、もう帰らせてくれ

 

f:id:mekajiki_life:20220508104119j:image

シタノムスメの産後の手伝いに行って、へとへとになって帰ってきました。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

遠く都会で暮らす、シタノムスメ(次女)の産後の手伝いに行きました。

お互い気をつかわないように、近くのビジネスホテルに9連泊。

お手伝いは彼氏(新米パパ)のいない時間帯のみ、夜は6時か7時には引き上げるよ、と言ってありました。

 

ところが始めてみると、彼氏が毎日のように残業で帰ってこず。

夕方からぐずり始める赤ん坊とマタニティブルーですぐ泣くムスメを置いて、引き上げられず。

朝7時15分に出動して、夜の10時過ぎまでの15時間勤務。

一日、床を磨き、風呂場を洗い、洗濯、買い物、食事作りと休む間なし。

ブラック企業か?

 

ビジネスホテル暮らしも、9連泊となると自宅のようにはくつろげません。

最初は楽しみしていたホテルの朝食バイキングも、献立がAパターンとBパターンの繰り返しで飽き飽きしてきました。

Aパターン ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20220508104132j:image

Bパターン ↓↓↓↓

f:id:mekajiki_life:20220508104146j:image

 

あと何日がんばれば田舎に帰れると指折り数えていました。

そうしたら、ムスメが「母、もう帰っちゃうの?」と泣きます。

内心(もう帰らせてくれ~)と叫びつつ、「調子悪かったら、いつでもまた来るよ。」と優しくしときます。

 

ムスメ「母、長生きしてな。」

 

ケッ、思わず突っ込んでしまいます。

「あんた、母が二度目の乳がんで手術したときにも、大丈夫?とも、その後どう?とも聞いてくれへんかったやないか。」

いつも強気でそっけないシタノムスメにつけこむ隙ができたのに、本音が出てしまいました。

自分も含めてですが、ムスメなんて身勝手なものです(笑)

 

心底へとへとになって、田舎の自宅に帰ってきました。

 

 

ムスメ、これほど情報があっても子育てが不安だという

 

f:id:mekajiki_life:20220505045356j:image

出産後1か月のシタノムスメが「子育てが不安」と言います。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

もうすぐ生後1か月になるシタノムスメ(次女)の赤ちゃん、電動ハイローチェアで揺られながら寝ています。

電気でウーガウーガと左右に揺れる動きはわりと機械的で、「コーヒー豆の焙煎」のようです(笑)

 

 

インスタ始めネットで情報を取りながら子育てしているムスメ。

これほど情報があっても「これからひとりで子育てしていけるか不安」と言います。

アホか?


一日誰とも話さず、大量に流れてくるポジティブな情報やネガティブな情報の波の中にいると何を選択していいのかわからないのでしょうか?

仕事優先で、子どもができる前と生活が変わらない夫が頼りにならない、ひとりで子育てしなければと感じるのでしょうか?

出産後に不安な気持ちが長引いてうつ病になってしまうのが「産後うつ」、夫にイラついて夫婦関係が悪くなるのを「産後クライシス」というそうです。

 

自分の出産時はそんな言葉はなかったし、出産後2か月ちょっとで保育園にムスメらをあずけて仕事復帰したので、不安を感じている暇もなかったように思います。

トーチャンは神マメで、おじいちゃんおばあちゃん(義父母)もいました。

いろいろ便利なものとあふれんばかりの情報に囲まれていても、双方の親が遠くてふたりだけのムスメ夫婦とは状況がちがいます。

 

新米パパのムスメの彼氏よ、仕事忙しいでしょうが、しばらくは早く帰って来てやってください。

不安だと泣いてたら、(アホか)と思っても「そうだよな、不安だよな」と話しを聞いてやってください。

 

ふたりとも大人で余計なお世話とわかっているのですが、田舎の母ちゃんのお願いです。

 

 

ムスメ、インスタで子育てする

 

f:id:mekajiki_life:20220502104647j:image

ムスメ世代の子育ての知恵はインスタから来るようです。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

シタノムスメ(次女)の産後の手伝いに行ったら、オシャレなバケツが買ってありました。

使用済みオムツのゴミ箱です。

安い食パン用ポリ袋に入れてから、このゴミ箱に捨てると臭いが漏れないそうです。

シタノムスメ「インスタで評判だったから、ポチッとした。」

 

f:id:mekajiki_life:20220502104722j:image

このインド人のお母さんみたいな、布の抱っこひもはスリングというそうです。

「インスタで、新生児から使えて良いって言ってた。」

 

f:id:mekajiki_life:20220505045356j:image

電気で動くゆりかごで、上下して離乳食いすにもなるハイローチェアです。

メルカリで中古を安く手に入れたけど、新品だと6~7万もするらしい。

「先輩のインスタで、これは必須と言ってた。」

 

f:id:mekajiki_life:20220502105326j:image

赤ちゃん用電動爪やすり、初めて見ました。

「インスタで見て、切るより安全と思ったから。」


f:id:mekajiki_life:20220502104714j:image

空気でふくらませるベビーバスも初めて見ました。

これもインスタで評判良かったのでしょう。

 

ムスメは大学時代の友人や会社の先輩ママさんのインスタを見たり、すごいフォロワー数を誇るインフルエンサーママさんのインスタを見ています。

いまどきの若いもんの情報源はインスタです。

 

インスタで便利な赤ちゃんグッズを見つけてネットでポチッと買えば、翌日宅配で受け取れます。

赤ん坊がぐずっているときに見せると必ず泣き止むYouTube動画というのもあります。

赤ん坊の鼻水がひどいときには、質問に答えてくれる医療系サイトも、往診予約がネットで取れるファストドクターサービスもあります。

その他、ありとあらゆるノウハウがインスタを始めとするネットに流れてます。

 

われわれのときに比べれば、世の中全体の知恵で子育てできる便利で安心な時代です。

ただし、何をするにもお金はかかります(笑)

 

 

ムスメの産後の手伝い、料理に行き詰まる

 

f:id:mekajiki_life:20220430102426j:image

ムスメの産後の手伝いで、ごはん作りに「りなてぃ」のレシピを見ながら悪戦苦闘した話しです。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

産後のシタノムスメ(次女)からのSOSに、「よっしゃ、母ちゃんが行ったる」と手伝いに駆けつけつました。

赤ん坊の世話は新米ママがメインにやるとして、母ちゃんは掃除や洗濯、買い物、ごはん作りをしてやればいいでしょう。

まかしとき。

 

ムスメが「来てもらったから、ホテル代と飛行機代のお金は払うわ」と一応気を遣います。

こちらが型通り辞退すると、「じゃあ、買い物はこれでしてね」とカードを渡されました。

 

ところが、母親といっても料理の経験値は女子高生の家庭科実習並み。

残業と単身赴任が長かったので、ムスメにごはんを作った覚えがなく、好物もわからない。

普段はどんなものを作っているのか聞くと、本を出してきました。

「りなてぃの1週間3500円献立」1巻と2巻。

りなてぃ??

「このへんは物価が高いから、1週間5000円くらいはかかってるけど」

大人ふたりの食費が1ヶ月2万円?

りなてぃというブロガーが、豚コマ、鶏胸肉、ひき肉など安い食材でボリュームのある料理を紹介しているレシピ本を見て、節約しているらしい。

本を見ながら、ハンバーグや野菜ナムルなどを作ることにしました。

 

実際に料理を始めると、まあこれがたいへん。

買い物に行くと、都会の真ん中のスーパー、びっくりするくらい高い。

新鮮でもない野菜が田舎の倍はして、ムスメのお金と思うと心が痛んで、いっぱい買えない。

そして、慣れない台所でどこに何があるのかわからない。

狭くて調理スペースがない、鍋が小さい、使い慣れた便利道具がない。

ハンバーグには豆腐を入れて「かさ増し」せよ。

ムスメの彼氏(夫)は身長190センチ近く、体重90キロ以上あるので、2人前は食べるというのです。

 

悪戦苦闘して何品か完成。

ムスメが「彼氏は遅くなるので、母、一緒に食べよう」と言いますが、2人前食べる彼氏の分が足りないと困るのでとても食べられません。

10日間、自分はホテルでコンビニ飯です(笑)。