定年女子の人生後半戦は楽しい

女子の定年後は思ってたより忙しい

風呂リフォーム、メンテナンスしやすさで給湯器を決める

f:id:mekajiki_life:20240703053433j:image

歳をとってからのリフォーム、メンテナンスしやすさ最優先で給湯器を決めました。

サラリーマンを定年し幼稚園の先生になったアラカン女子メカジキが、幼稚園パートやリフォーム、遠距離介護のことなどあれこれ書いてます(自己紹介→
=====

 

遅々として進む我が家のリフォーム、やっとこ給湯器も含めてお風呂が全部決まり、イメージCGが来ました。

 

 

ガス給湯器、流行りは電気のエコキュートとガスのハイブリッドタイプ。

夜間電力でお湯を沸かして貯め、足りない時だけガスで沸かすので省エネです。

いまなら行政から省エネ補助金15万が出ます。

ただし、ハイブリッドタイプはざっと40~50万円と高額。

家の外に貯湯タンク、室外機などを設置せねばならず、けっこう場所を取ります。

それでも補助金出るし、こっちにしようと思ってました。

 

トーチャンが反対。

従来タイプのガスだけの給湯器にしようと言います。

トーチャンは建築関係の職人なので、故障しやすかったり、修理するときになってたいへんな機械はきらいです。

トーチャンの経験上、ガスより電気のエコキュートのほうが故障が多い(あくまで個人の感想です)。

 

数年前に、実家の電動シャッターを入れ替えたときのことを思い出しました。

雨戸代わりに3か所につけた電動シャッター、上下だけでなく、ルーバーのように斜めに隙間を調整でき風通しになる優れもの。

でも、電気部品は住設部品より耐用年数が短い。

その上、いざ交換となったら3か所で150万というびっくり値段でした。

 

10数年後に自分たちが80代になって、高額なハイブリッド給湯器を入れ替えるのは大変かもしれない。

歳をとってからのリフォームはシンプルイズベスト、メンテナンスのしやすさ最優先です。

ガスだけの給湯器にしました。

これなら20万円以下で入ります。

 

f:id:mekajiki_life:20240703053433j:image

予算の関係で、できるところは自分でDIYということで、トーチャンが風呂の換気ダクトを自作します。

お風呂の天井裏を開けて、様子を見に上がっています。

がんばれトーチャン、わたしは応援だけです(笑)