定年女子の人生後半戦は楽しい

女子の定年後は思ってたより忙しい

2021年の自分的3大ニュース

 

f:id:mekajiki_life:20211227223339j:image

自分自身にとって今年はどんな年だったっけ?と、自分の3大ニュースを決めてみました。

ラカン女子メカジキが、女子の定年後の暮らしをあれこれ書いてます(自己紹介→

=====

 

2019年秋に定年退職して、2年。

心配していた仕事ロスにもならず、幼稚園で働き、プールで泳ぎ、絶好調と思っていたら、がんが見つかり大殺界に入ったかと心配しました。

でも、2021年の自分的3大ニュースを振り返ってみたら、良いことも悪いこともあって、まあこれはこれで良いほうやん、と思えます。

根拠なく楽観的(笑)

 

1位:2度目の乳がん見つかる

13年前に左側の乳がんをやってようやく完治と思っていたのに、こんどは右側に乳がんが見つかりました。

その上、遺伝性で全摘必要?ぎょえっっ!?

となりましたが、検査で遺伝性がんではないとわかり、部分切除手術をして、とりあえず元気に回復中。

 

2位:保育士試験に合格

定年後に保育士試験を受けようと思い立ち、1年半かかって合格しました。

幼稚園で、小さい子どもたち相手に駆け回るのはとても楽しい。

 

第3位 サラリーマン時代の名残りを捨てる

ようやく現役時代の仕事の世界と関係する資格やつながり、名刺、専門書を全部捨てました。

未練を絶って、新しいことやります。

 

次点は

4位:バイト先の幼稚園でコロナクラスタ

5位:次女の妊娠

あたりでしょうか?

 

幼稚園のコロナは感染者が40人規模で、いろいろ初動のマズさがあって園が1か月も休園する大事件。

でも同じタイミングで自分の乳がんが見つかって、我が身の心配に気が取られていたので次点です。

次女の妊娠もめでたいけど、まだ自分ごとになってないので次点。

来年になって、孫の顔を見てリアルおばあちゃんとなったら、自分的ニュースの1位になってるかも(笑)

 

2022年が、自分自身にも皆さまにも、そこそこ良い年でありますよう。

 

 

次点の記事 ↓↓↓↓

 

昨年2020年の自分的3大ニュース ↓↓↓↓